雇用保険(失業保険)の基礎知識や各種給付についての総合解説サイト!退社から再就職に至るまでの流れを完全ガイド!!

Home ≫ 再就職への道のり ≫ 履歴書・郵送時の注意点

履歴書・郵送時の注意点

求人を出す会社には、履歴書が入っていると思われる白い封筒が何通も寄せられます。 その中から、いかに自分のものに目を向けさせるか・・・というのが重要なポイントとなります。 そのためには宛名書きにも気を抜かず、丁寧に書くことが要求されます。
また、封を開けたときに「添え状」が入っていると、より好印象です。 そう、履歴書や職務経歴書を郵送する際は、最後の最後まで気を抜くことができません。 紙きれ1つで、いかに相手に「信頼」を与えるか・・・これが第一関門を突破する鍵といえます。 そこで、今回は郵送時の注意点についてまとめてみました。

添え状の文章構成

1 頭語
2 前文
3 主文(ここで自己紹介や志望動機などについて書く)
4 末文
5 結語
6 後付

【参考図】

参考図/履歴書郵送

Check Point.1【宛名書きの注意】

求人の件で電話をした際、履歴書を郵送するように指示されることがあります。 その際は封筒の宛名書きにも気を抜かず、1つ1つ丁寧に書くようにしましょう。
封筒は縦書きで、右から住所、会社名、部署名、役職と担当者の名前を記入し、個人宛であれば「様」、部署宛であれば「御中」とします。
なお、会社名は(株)などと省略せず「株式会社」と記入し、前後どちらにつくのかもきちんと確認してください。 封筒の左下には「履歴書在中」と赤いボールペンで記し、履歴書が入っていることを明確にすることも忘れずに!

Check Point.2【添え状の書き方】

応募にあたって企業に履歴書等を郵送する場合、簡単な添え状を書いておくるとなお好印象でしょう。 一般的に仕事でも取引先に文書を送るときなどもつけるものなので、求人の場合もそれと同様に考えるといいでしょう。 ここでは採用担当者の関心を引いてもらうという意味において、自己紹介や応募にあたっての決意表明などを書き添えるのがベストです。

Sponsored Links